青髭の悩み

青髭対策に抑毛ローションは効果なし!?高校時代の実体験を暴露

  • 「抑毛ローションで青髭対策はできるのか」
  • 「抑毛ローションはどれくらい髭を薄くすることができるのか」
  • 「青髭対策におすすめの方法はどれなのか」

あなたはこのような疑問を抱えてはいないだろうか。

もし上記にあてはまるならば、ぜひこの記事を最後まで読んでいただきたい。

そうすればあなたの青髭対策に、最適な方法を理解することができます!

その根拠は、筆者も濃い髭に悩みを抱えていた高校生時代抑毛ローションを実際に使用した経験があるから。

その経験を持って、本当に効果があるのかお伝えいたします!

「抑毛ローションは値段も安く、自宅でお手軽に始められる」という魅力的な方法ではありますが、効果がなければ全てムダ…

お金も時間もムダにしないために、ぜひ最後までご覧ください^^↓↓

【この記事で得られる情報】

◆抑毛ローションで髭が薄くなる仕組み

◆【実体験】抑毛ローションの効果

◆青髭対策におすすめの方法

◆【比較】おすすめの方法VS抑毛ローション

◆抑毛ローション・人気商品一覧

 

それではさっそく本編「抑毛ローションで髭が薄くなる仕組み」から見ていきましょう^^↓↓

抑毛ローションで髭が薄くなる仕組み

ここでは実体験を紹介する前に、世間一般から「抑毛ローションで髭が薄くなると言われる仕組み」について解説していきます。

  • どのような成分が含まれているのか
  • それらにどのような効果が期待できるのか

あくまでも世間一般の声を、ご理解いただければと思います↓↓

抑毛ローションに含まれる成分の効果

抑毛ローションに含まれる2大成分「イソフラボン」「パイナップル成分」です!

「イソフラボン」は大豆製品などに多く含まれる成分で、女性ホルモンに似た働きをし発毛を抑制する効果があると言われているようです。

次に「パイナップル成分」とはパイナップル果実やパパインを合わせた成分で、タンパク質を分解する効果があるというもの。髭はタンパク質でできているので、塗ることで毛を溶かし分解することが可能と言われているようです。

 

これらを合わせ、抑毛ローションを塗ることで得られる効果は『イソフラボンが次に生えてくる毛を抑制し、パイナップル成分が今生えている毛を分解する』これらを繰り返し行うことで、髭が徐々に薄くなり青髭対策ができるという仕組みのようです。

 

さて…果たして本当にこのような効果を実感できたのか

当時を振り返り、実際に抑毛ローションを使ってみた体験談をお伝えいたします↓↓

【実体験】抑毛ローションでの青髭対策の効果

  • 使用期間:約1年

  • 使用方法:1日2回(朝・晩)


  • かかった金額:1,500円×10本=15,000円

 

高校生のとき、カミソリで髭を剃った後のジョリジョリ感と青髭が恥ずかしくて、色々な方法を探してたどり着いたのが抑毛ローションでした。

何より高校生だった筆者でも手軽に始められる金額に、魅力を感じ購入。

がしかし結論、抑毛ローションで青髭は解消することができませんでした…

周囲よりずいぶん髭が濃かった私は、1日2回(朝晩)多めに塗っていましたが、髭に全く変化を感じることができなかったのです。

約3ヶ月が経過し「少しだけカミソリでの処理がラクになったかな?」と思ったものの、気のせいでした。

結果、約1年使用しつづけ…青髭を解消することができないどころか、髭に全く変化を感じることができませんでした。

【結論】抑毛ローションで髭は薄くならない

体験談を踏まえ、抑毛ローションで髭は薄くならないと言えます。

そもそも考えてみると「イソフラボン」や「パイナップル成分」を塗るだけで、髭が薄くなるという理論に違和感があります…

例えば、筋肉をつけたいからと筋肉の源「タンパク質」を大量に摂取しても、筋肉はつきませんよね?

それと同じように「イソフラボン」や「パイナップル成分」を塗るだけで、生理現象である発毛を止めることはできないのです!

抑毛ローションと脱毛サロンでの施術を合わせて行った場合、はじめて筋トレ後のプロテインのような+αの効果を実感することができると考えるべきでしょう。

結論、抑毛ローションだけでは髭を薄くする効果を得られない。つまり青髭対策にはおすすめできない方法ということです!

「抑毛ローションで青髭対策を行おうかな」と考えていた方には、非常に残念なお知らせになってしまいました。

しかし受け入れてください。。本当に髭を薄くすることはできません。

もしどうしても納得がいかない方は、返品可能な抑毛ローションを見つけて、実際に試してみてもいいでしょう。

得られる効果といえば化粧水のような乾燥肌を防ぐ保湿効果のみだと予測されますが。

 

もしあなたが「他の青髭対策法でおすすめなのはどれ?」と前向きに考えていただけるならば、この先も読み進めてください。

筆者が実際に濃い髭の悩みや、青髭を解消した方法をお伝えいたします^^↓↓

青髭対策におすすめの方法とは

結論からいうと、青髭対策におすすめの方法は『クリニックの医療レーザー脱毛』です。

理由を簡潔にお伝えすると、以下の通り↓↓

  • 脱毛効果に確実性がある

  • 青髭解消に即効性がある


  • 青髭解消に持続性がある

 

もしあなたが本気で青髭を解消したいならばダントツで医療レーザー脱毛をおすすめします。

 

「クリニックはお金も手間もかかりそうだから…嫌だ。」

このような気持ちは十二分にわかるつもりです、なぜなら高校時代の筆者も同じ気持ちで、安価な抑毛ローションでの青髭対策を選んだひとりだから。

しかし!

安価な方法は、どれもこれも効果のない方法ばかりなのが現実。

さまざまな方法を試したからこそ、最終的に医療レーザー脱毛に辿りつき、このようにおすすめしています!

 

\クリニックの医療レーザー脱毛が青髭対策におすすめだとする根拠を、詳しく説明した記事はこちら↓↓/

[blogcard url=”「青髭対策 おすすめ」“]

 

しかも医療レーザー脱毛は、大手のクリニックで受ければ意外に安価で施術が受けられます。

「実際どれくらいかかるの?」という疑問を解消するために、次の章では、おすすめの青髭対策『クリニックの医療レーザー脱毛』と抑毛ローションを、かかる期間・値段で比較した内容を記しておりますので、ぜひご覧ください^^↓↓

【比較】医療レーザー脱毛 VS 抑毛ローション


ここではより医療レーザー脱毛がおすすめだという理由をご理解いただきたいので、医療レーザー脱毛と抑毛ローションの青髭解消に「かかる期間と値段」で比較した内容を記しています。

かかる期間で比較

◆医療レーザー脱毛(かかる期間)

→青髭解消まで約1年〜1年半


◆抑毛ローション(かかる期間)

→青髭解消はできない

(販売会社に問い合わせると3〜4ヶ月で効果が出るとのことだが。)

 

医療レーザー脱毛で、実際に青髭対策をした例を上げると、施術8回で青髭を解消することができたようです↓↓

さらに施術5回でも、髭の量が約半分くらいまで薄くなるほど、高い脱毛効果があります↓↓

それらにかかった期間は、以下の通り。

  • 医療レーザー脱毛(施術8回):9ヶ月半
  • 医療レーザー脱毛(施術5回):5ヶ月

髭の量により、かかる期間には個人差がありますので、上記写真とご自身を見比べて参考にしていただけたら幸いです。

\医療レーザー脱毛の回数別の効果について詳しく説明した記事はこちらから↓↓/

[blogcard url=”「髭脱毛 効果」詳細記事“]

 

次に抑毛ローションでの青髭対策にかかる期間について。

残念ながら筆者の場合、約1年間抑毛ローションを使用しましたが青髭は解消できませんでした。

商品のカスタマーセンターに問い合わせて「どれくらいで効果が現れるのか」聞いてみたところ、「個人差はあるが3〜4ヶ月の継続使用で、変化が見られる」とのことでした。

私の場合は…髭に変化を実感することはできませんでしたが…

もし抑毛ローションを試してみる方は、筆者が試した「1年以上は効果がでない期間である」と覚悟して、購入を検討しましょう。

かかる値段で比較

はじめにクリニックの医療レーザー脱毛にかかる値段は、大手の『湘南美容クリニック』であれば、髭脱毛6回が29,800円で施術を受けられます!

意外に安価ではないでしょうか。

 

次に抑毛ローションの継続使用にかかる値段を見ていきましょう。

本数×値段で計算してみると…↓↓

(期間は目安です。医療レーザー脱毛より早く効果が現れるとは考えられないので1年以上としています。)

【抑毛ローションにかかるとされる値段】

◆1年の継続使用にかかる値段

→2,000円×12ヶ月=24,000円


◆1年半の継続使用にかかる値段

→2,000円×18ヶ月=36,000円


◆2年の継続使用にかかる値段

→2,000円×24ヶ月=48,000円

 

1本30日分の抑毛ローションとして販売されてる商品が多く、それらを約1年使用するだけでも24,000円かかってしまうのです。

湘南美容クリニックでの医療レーザー脱毛(29,800円)と比較しても、かかる値段はそれほど変わりません。

確実に抑毛ローションにより青髭が解消できればいいのですが…そうとは限りませんよね(効果は得られないと思います。)

 

このように「かかる期間・値段・効果」で比較した結果から、経験者である筆者は『クリニックの医療レーザー脱毛』をおすすめいたします!

\湘南美容クリニックに実際に通った体験記事はこちらから↓↓/

[blogcard url=”「湘南美容クリニック 体験記事」詳細 “]

購入すべきでない抑毛ローション一覧

さてここまで抑毛ローション反対派としてお伝えしてきましたが、最後に「抑毛ローションってどんなやつ?」という疑問を解消していただくために、商品を数点ご紹介いたします。

これらは購入を促すものではなく、逆に「これらを購入すると損するぞ!」というお知らせだと受け取っていただければ幸いです。。

それでは抑毛ローションのラインナップを見ていきましょう↓↓

パイナップル豆乳ローション

◆価格:2,700円(定期購入時1,350円)


◆使用可能箇所:全身(顔を含む)可能


◆容量:100ml(目安30日分)

公式HPはこちら

ゼロファクター

◆価格:通常9,000円(超得お試しコース980円)


◆使用可能箇所:全身(顔を含む)可能


◆容量:100ml(目安30日分)

公式HPはこちら

NULL AFTER SHAVE LOTION

◆価格:4,980円


◆使用可能箇所:全身(顔を含む)可能


◆容量:150ml(目安40日分)

公式HPはこちら

GROW STOPPER EX

◆価格:7,200円(定期購入6,300円)


◆使用可能箇所:全身(顔を含む)可能


◆容量:60ml(目安3ヶ月分)

公式HPはこちら

 


さまざまな抑毛ローションをザッと紹介いたしましたが、いかがでしょうか。

意外に高いですよね…?

効果を実感できるかわからない方法を試すより、確実に効果を得られる方法で青髭対策することを、おすすめいたします。

(※医療レーザー脱毛は、医療行為です。)

この記事のまとめはこちら

この記事では「抑毛ローションで青髭対策はできるの?」という疑問を解消するために、筆者の実体験をもとに執筆いたしました。

結論、抑毛ローションでは青髭を解消することも、髭を薄くすることも不可能に極めて近いのでおすすめしない!

その根拠は実際に、高校時代1年間抑毛ローションで青髭対策を試みたが、髭に変化を得られなかったから。

さらに編集部や一般の口コミを見ても、良い評判を聞かないからである。(おすすめしているのはサクラばかり…)

もし口コミを調べたいのであれば、GoogleやYahooで検索するだけでなく、Twitterなどで調べると本音を知ることができます。

本気で青髭を解消したいならば、医療行為であるクリニックの医療レーザー脱毛がダントツでおすすめです!

「値段が高い。痛みが強い。通うのが面倒くさい。」さまざまな意見があると思いますが…

まずは無料で受けられる初回のカウンセリングに、申し込んでみてはいかがでしょうか。

湘南美容クリニック公式HPはこちら

この記事により、あなたの悩み・疑問が少しでも解消されますことを、心より願っております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました