脱毛クリニック

脱毛の種類・方法は何がある?トータル安く効果が高いおすすめ脱毛法はこれ!

「脱毛の種類が多すぎて、どれが本当に効果あるのかわからない」

そんな疑問でお困りではないでしょうか?

実は私も体毛にコンプレックスを抱え、5種類の脱毛法を実践しましたが、望んだ効果を得られたのは、たった1つだけ

その経験を元に、脱毛するならどの方法がいいのかお伝えします!

【この記事で得られる情報】

◇5種類の脱毛法とメリットデメリット

◇脱毛法の選び方

◇実際に試して効果の高かった脱毛法

◇脱毛で損した話

◇結論、おすすめの脱毛法

この記事を読んで、あなたが最短で悩みを解決し、周囲の目が気にならない状態になることを、心より願っております。

5種類の脱毛法メリット・デメリット

ここでは、私が実際に試した脱毛法のメリット・デメリットをお伝えします。

あなたに合う脱毛法が見つかりますと、幸いです。

<1>脱毛クリーム

脱毛クリームは除毛クリームともいい、アルカリ性の成分が毛を分解し、除去するもの脱毛法。

除毛なので、毛が生えてこなくなる脱毛効果は、ありません。

カミソリで処理するのと同じ、毛の除去に役立つアイテムです。

【脱毛クリームの種類】

◇モノヴォリムーバークリーム

◇Veet除毛クリーム

◇パイナップル豆乳除毛クリーム

◇NULL REMOVER CREAM

メリット・デメリット

メリットは、カミソリのように鋭利ではなく危険性がないので使いやすいことや、クリームなので体の形状に関係なく毛の処理が可能なことです。

デメリットは、アルカリ性の成分が毛を分解、すなわち毛を溶かす作用があるため、肌へのダメージがあること

クリームの留意事項にも敏感肌の方や、皮膚の薄い部分・粘膜部分への使用が禁止されていますので、ご注意下さい。

膝や肘など関節部分で、カミソリが当てづらい箇所への除毛を目的とした使用におすすめです!

<2>脱毛石鹸

脱毛石鹸は、除毛石鹸ともいい、イソフラボン成分により毛の発達が抑制され、パパインやブロメライン成分により毛を除毛できる石鹸と位置づけられています。

結論からお伝えすると、除毛&抑毛効果は期待できません。

その理由は、女性ホルモンに似たイソフラボンを塗ったからと抑毛効果はないから。

パパインやブロメライン成分で除毛効果があるといっても、カミソリで沿ったようにキレイには除毛できず、結局カミソリを使うことになってしまいます…

私も実際に3ヶ月ほど使用しましたが、毛に変化はいっさいありませんでした。

【脱毛石鹸の種類】

◇Jomoly(ジョモリー)

◇K-OUT

◇ヴィーナスエピレ

メリット・デメリット

メリットは、価格が安いことですが脱毛・除毛効果を期待できないので、おすすめしません

デメリットは、購入しても効果が期待できないので、お金も時間も損してしまう可能性が高いこと。

つまり、購入するだけムダということ。誇大広告に騙されないようにしましょう!

<3>家庭用脱毛器具

家庭用脱毛器は、大きく分けて3種類ありフラッシュ式・レーザー式・サーミコン式があります。

フラッシュ式はサロンでも使用されてる方法で、黒いものに反応する光が毛根にダメージを与え、減毛が可能。

レーザー式はクリニックで使用される脱毛法を、家庭用の出力に弱めたもの。国内では製造されていなく、海外からの輸入品になりますので、取り扱いや購入する際には十分な検討をおすすめします。

サーミコン式は熱線により毛を焼き、除去する方法なので、脱毛は不可能。部類はカミソリやクリームと同じ除毛のアイテムになりますので、ご注意下さい。

【フラッシュ式脱毛器具】

◇ケノン

◇レインボーテグランデ

◇LAVIE

◇エピナード

【レーザー式脱毛器具】

◇トリア

【サーミコン式家庭用脱毛器具】

◇No!No!HAIR(ノーノーヘアー)

メリット・デメリット

家庭用脱毛器具のメリットは長期的に使用すれば、減毛効果を期待できること

約1年で効果を実感できるようです。

また家庭で好きなときに使用できるので、「サロンやクリニックに通いたくない」「人に脱毛するところを見られたくない」人にはおすすめです。

デメリットは値段が高いこと、長期使用しなければ毛がなくならないこと。

実は私も2種類購入したことがあるんですが2回とも約3ヶ月使用してお蔵入りになりました…

【実際に購入したが脱毛を断念した理由】

◇効果が出るまでに時間がかかる

◇セルフ施術が面倒くさい

◇メンテナンスが面倒くさい

面倒くさがりな人や、即効性が欲しい人にはおすすめできません。

※家庭用脱毛器は施術をやめて一定期間が経つと、毛は元の状態に戻ってしまいます。

永久脱毛ができず使い続けなければならないので、購入は慎重に検討しましょう。

<4>脱毛サロン(フラッシュ脱毛)

脱毛サロンでは黒いものに反応する光を当て毛根にダメージを与えることで減毛する方法。

施術はきちんと講習を受けたエステティシャンが行ってくれますので、安心して通うことができます。

【脱毛サロンの種類】

◇RINX

◇MEN’S TBC

◇ダンディハウス

◇メンズキレイモなど

メリット・デメリット

メリットは、減耗効果をきちんと実感できること。

さらに自分では手の届かない背中やうなじ部分にも、施術が可能。

家庭用脱毛器より照射力が高いので、毛が抜けた実感もより早く味わえます。

デメリットは値段が高いこと。

永久脱毛は不可能ということ

クリニックに比べ安価だと思われてますが、照射回数が多くなる分、結局高くなってしまう…という経験をしました。

そして10数回の施術が終了し、一時的に産毛のような状態になった私は、サロンに約1年間通わないでいると、毛は元の状態に戻ってしまいました。

通い続けなければならない・サロンは永久脱毛ができないと、知らなかったのが原因です!

お金を、ムダにするのはよくないですよね?

「永久脱毛のようにツルツルにはしたくない」

「一時的に毛を薄くするのが目的」

という人にのみ、おすすめです!

<5>脱毛クリニック(医療レーザー脱毛)

医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザーを毛根に照射し、発毛の根源・毛母細胞にレーザー熱を加え破壊することで、毛が生えなくなる、国に唯一認可された永久脱毛法です。

クリニックで受けれる医療レーザー脱毛以外の方法は、実は脱毛ではなく「除毛・減毛」に含まれます。

毛が生えてこなくなる脱毛は法律で、「医者のいる医療機関以外で行なうことができない」と決められているんです。

【脱毛クリニックの種類】

・湘南美容クリニック

・ゴリラクリニック

・MEN’S RIZE

・メンズサポートクリニック

メリット・デメリット

メリットは脱毛の効果を最短で、確実に実感することができること!

どんなに剛毛でも回数を重ねれば毛はなくなりますし、医療期間ですのでアフターケアや、万が一の肌トラブルにも迅速に対応してくれます。

何より永久脱毛が可能なので、「毛をなくしたい」人にはおすすめです。

デメリットは初期費用が高いのと、痛みが伴うこと

ただし初期費用は分割払いも可能、また回数が少なく効果を実感することができるので、サロンのようにランニングコストがかからず、トータルで考えると、安く済みます!

医療機関なので、表面麻酔を受けることもできるので、痛みを和らげたい方はぜひご利用下さい。

【医療レーザー脱毛まとめ】

◇法律上、永久脱毛が認められた方法

◇医療機関なので、確実に効果がある

◇ランニングコストがかからずトータル料金が安く済む

(※記事の後半で、おすすめのクリニックを紹介しています。)

脱毛法5種類まとめ

今回ご紹介した脱毛法は5種類!

◇脱毛(除毛)クリーム

◇脱毛(除毛)石鹸

◇家庭用脱毛器具

◇脱毛サロン

◇脱毛クリニック

その中で永久脱毛が可能なのは、クリニックのみ!

(サロンは一時的な脱毛・減毛行為。)

私の経験でも、クリニック以外の脱毛法では効果に満足できず、ツルツルの状態になれたのは、クリニックでの脱毛だけでした。

私はどれにするべき?脱毛法の選び方

選び方のポイントは、

「自分がどのような状態になりたいか明確にすること」、そしてそれに合った脱毛法を実施すること!

上記により、ありがちな失敗パターンを防ぐことができます。

「期待した効果が得られなかった」

「また毛が生えてきた」

など、私と同じ失敗で損をしないようにご注意下さい。

毛を薄くしたいだけの人

毛を薄くしたいだけの人は選択肢が3つあります。

【1】家庭用脱毛器

→毛が薄くなるまで約1年〜2年

【2】脱毛サロン

→毛が薄くなるまで約6〜8ヶ月

→回数は6〜8回

【3】脱毛クリニック

→毛が薄くなるまで約4〜6ヶ月

→回数は3〜4回

(※毛量や毛質により個人差はあります。)

毛を無くしてツルツルになりたい人

毛を無くす・永久脱毛したい人の選択肢は1つだけ。
脱毛クリニックでしか、永久脱毛は受けられません。
クリニックでは、回数を少なくすれば毛を薄くすることができますし、回数を増やせば永久脱毛が可能ですので、どちらにせよおすすめです!

実際に試して効果の高かった脱毛法

効果のあった脱毛法は医療レーザーのみ

私は中学生のころから濃い体毛に悩んでいました。

プールや体育で着替えるときに体を見せるのが恥ずかしく、コンプレックスを解消するために多くの脱毛法を試しました。

学生ということもあり、安い脱毛法から片っ端に実践しましたが、どれも期待する効果を得られないどころか、全く効果のないものばかりだったのを覚えています。

そこで社会人1年目に脱毛クリニックへと通い、医療レーザー脱毛を受け約10回でヒゲの永久脱毛に成功しました。

その結果、毎日の髭処理は無くなり、夏シーズンの肌の露出も自信をもってできるようになりました!

ぜひ抱えてるコンプレックスをそのままにせず、多少お金がかかっても、クリニックで脱毛することをおすすめします。

[体験談]安い脱毛法で失敗

なるべく安く脱毛したい方も多くいらっしゃると思いますが、通販で手軽に購入できるクリームやジェル、石鹸などでは効果が期待できません。

実は私も学生時代にそれら脱毛法を実践したことがあります。

【実際に試した脱毛/試した期間】

◇脱毛クリーム/3ヶ月使用

◇脱毛ジェル/3ヶ月使用

◇脱毛石鹸/4ヶ月使用

◇家庭用脱毛器/計6ヶ月使用

総額約12万円をかけて、サロンやクリニック以外の方法で脱毛を試みましたが、どれもコンプレックスを解消できるような成果には繋がりませんでした…

安い脱毛法もクリニックも両方経験した私だからお伝えできることは、金額と、脱毛効果は比例するということ!

つまり、脱毛効果を最短で得たければ、料金が高い脱毛法を実践するべきということです。

結論、1番効果の高い脱毛法はクリニック!

初期費用の額で決めつけるのではなく、ランニングコストを含めたトータルの料金で脱毛法を選びましょう!

結果、おすすめはクリニックでの永久脱毛

ありとあらゆる脱毛法を試して、結局わたしの剛毛コンプレックスを解消してくれたのは、クリニックだけでした。

私が通ったクリニックは湘南美容クリニック。

【湘南美容クリニックの特徴】

◇業界最安値でヒゲ脱毛が可能

◇髭脱毛3部位6回コースが29,800円

◇全国に55院展開中

クリニックは、医療機関ですよね?

ということは、「クリニックによって効果が違う」なんてことはありえません。

例えば、風邪を引いたからと「薬がよく効くから、あのクリニックに行こう」なんてことはしませんよね?笑

それと同じで、クリニックの脱毛効果はどこも同じ。だったら安いクリニックに通うべきではありませんか?

もう一度いいます。

湘南美容クリニックは、髭脱毛が、業界最安値で施術可能です。

初回の無料カウンセリングを、公式HPから申し込みましょう♪

湘南美容クリニック

・クリニック業界トップクラスの安さ
・全国55院を展開中
・ヒゲ脱毛6回28,000円

オススメ

永久脱毛には、最も効果の高いクリニックでも、約1年〜2年かかります。

なので、なるべく早く通院することが、最短で悩みを解消するコツですよ!

この記事のまとめ

脱毛の種類は多い、しかし効果があるのは少ない

さてこの記事では「脱毛の種類」についてお伝えしてきました。

結論、効果のある脱毛法はサロンとクリニックの2種類だけ。

その理由・根拠は、サロン・クリニック以外の脱毛法が、

◇実際に使ってみて効果がなかった

◇成分に対する効果を販売業者しかうたっていない

◇そもそも脱毛と定義されていない

正式に脱毛効果が認められてるのは、医療機関であるクリニックのみです!

※サロンは一時的に減毛が可能、永久脱毛は不可能。

クリニックであればどんなに剛毛でも、回数を重ねさえすれば効果が必ずあります

おすすめは業界最安値の湘南美容クリニック
この記事により、あなたがコンプレックス解消に一歩でも近づくことを祈っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。